ジョビィキッズは1999年に設立された子役プロダクション会社です。

2001年ごとに大手芸能プロダクションバーニングプロダクションの管下に入ったことでも有名子役プロダクションです。

ジョビィキッズは元々は幼児教室を運営しており、そこから子役を輩出するプロダクションになりました。

そのため、子役養成所が多数日本内に点在しており、東京校横浜校、大宮校、大阪校などで子役の養成所を運営しています。

芸能プロダクションの管下に入ったことで様々なメディアに子役として子供を輩出していますがその分、レッスンが厳しいことでも有名なプロダクションがジョビィキッズになります。

ただし、厳しいレッスンを乗り越えた子役の子供たちはテレビCMやドラマ、映画などで活躍しています。

厳しいレッスンに残ることが出来れば子役としてお仕事を紹介してもらい子役として働くことが出来る子役養成プロダクションでもあります。

そのため、必ずしも厳しいレッスンがあるからといって何も子供が得られる物が無いというわけではなく、テレビで活躍するためのノウハウを子供に教えていると言う特徴があります。

 

ジョビィキッズのオーディション情報

オーディションは常に募集されているわけではなく、年間を通して数回オーディションを実地します。

オーディションは夏休みなどの他子供が通う学校や幼稚園などが休みの際に、指定されたオーディション会場でオーディションを開催します。

応募方法や応募資格ですが、インターネットで募集が開始された際に応募をすることが可能で、FAX・郵送・電話など様々な方法で応募することが出来ます。

ですが年齢に制限がありまして3歳から18歳までの人と言う年齢制限があり、年齢制限を越えた方は応募資格が無いため応募できない決まりがあります。

オーディション開催の場所と日程などについては公式ホームページに随時記載されると言う方式で任意の場所がオーディション会場となり、会場までは自腹で行くこととなります。

なお、オーディションに掛かる費用は有料ではなく、無料となりますのでオーディション会場までの移動に置いて交通費が出ないと言うことです。

また、0歳児から2歳児のお子様についてはオーディションを開催せず、登録のみ隣、3ヶ月に1回の講習に参加する形で子役として活動をしてもらいます。

 

ジョビィキッズの入会金・授業料

ジョビィキッズの入会金ですが、残念ながらまったくと言ってよいほど情報が非公開とされています。

これについてですがプロダクションと契約する際、入会金や授業料などを公開してはいけないと言う決まりがあるとされており、子供に幾ら金額を払うことでスターにできるのかと言うことを表に出さないようにしていると推測されています。

値段が安すぎた場合であればその金額さえ出せばスターになると言うように思われた場合、子役の方の演技や指導などに差が生まれたり、誰でもお金を支払えば子役に慣れるというイメージを抱かさせないために合えて幾ら入会金が必要であるとか授業料がいくらであるとかが分からないようにしています。

ですが、インターネットなどではおおよそ、入会金が100万円以上で、授業料が月に20万円から30万円であると言われており、この情報が確かなのであれば、入会金は100万円以上で、月の授業料は20万円から30万円となりますが、信憑性については不明です。

ただし、他の芸能プロダクションなども大体そのくらいの金額であるということもあり、ジョビィキッズもそのくらいであろうと推測した金額がネットで示されているのだと思います。

 

ジョビィキッズの実績

ジョビィキッズの子役の実績ですが芦田愛菜さんや寺田心さんなどの有名子役を輩出しています。

芦田愛さんにいたっては2011年に放送されたマルモのおきてにて主演・笹倉薫役で人気を得ました。

その後、映画、のぼうの城にてちどり 役として活躍し有名となります。

一方、寺田心さんはというと、ドラマにて明日ママがいないにてニッパチ役として有名な子役になりました。

他にも男性では菊地時音、久保海晴、阪本颯希、阪本光希、清水優哉などの子役を輩出したプロダクションとしての実績があり、現在の俳優在籍数は1000人を超える大きな芸能プロダクションです。

その為、テレビドラマや、テレビCM、映画の吹き替えなどのお仕事を子役の方がしたりと活動にもかなり積極的で子役の方の活動の幅もかなり広いです。

マルチに活動している方も多くおり、様々な地域に子役の要請書を作ることにより、質の高い演技を提供する子役を多く抱えている芸能プロダクションです。

ほとんどの子役の方のデビューはテレビドラマになり、テレビドラマで子役デビュー成功後にテレビCMや映画の吹き替えなどでさらに子役としての実績を積み上げることが出来る芸能プロダクションです。